「なぜRPAを導入したのに​
生産性が上がらないのか」​

無料ホワイトペーパー​
​ダウンロード​

「導入と実証実験は完了。本当の成果はこれから・・・」という状態が続く企業が多いのはなぜか?​

​RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による業務の効率化は今や国を挙げた取り組みとなっている。総務省は地方自治体に補助金を出してRPA活用を促し、民間企業では73%以上が既にRPAを導入している。​

​しかし本番環境で50以上のボットを稼働している企業はわずか4%に満たない。RPAの本格展開を妨げる要因と、生産性向上の鍵を握る全社展開に強いRPAの活用方や推進体制のあり方、国内の成功事例などを紹介。​

​資料の解説ポイント:​

  • RPA の急速な普及背景​
  • RPA 導入で企業が突き当たる3つの壁​
  • 壁を乗り越えるための3つのポイント​
  • 業務プロセスの自動化を「自動化」せよ​
  • 業務の自動化の先にあるインテリジェント・オートメーションとは?​

Go Be Great.

オートメーション・エニウェアは、人がアイデア、思考、フォーカスを用いて企業を強化できるように支援します。私たちは、世界で最も洗練されたデジタルワークフォース プラットフォームを提供し、ビジネスプロセスを自動化し、人を定型的な業務から解放することでよりよい仕事環境の実現を支援します。

製品

弊社のプラットフォームは複雑な作業の自動化を可能にすると同時に、チーム内の誰にでも使えるシンプルさを備えています。

詳細はこちら

サービス

Automation Anywhereサービスチームは、あらゆる規模の企業に対してビジネスプロセスの自動化、新しい自動化のアイデアの発見、ROIの最大化をご支援します。

詳細はこちら

ボストン

ダラス

ニューヨーク

バロダ

バンガロール

ムンバイ

ロンドン

オンタリオ

メルボルン

日本

© 2019 Automation Anywhere, Inc. | プライバシー | 規約 | 商標 | 製品 | お客様 | キャリア