エンタープライズRPA、
求められる4つの要件

エンタープライズRPAを目指す企業が検討すべき課題と解決策とは

資料ダウンロード
「エンタープライズRPA 求められる4つの要件 RPAの先にある「デジタルワークフォース」の実現を目指して」

開発から全社展開まで 大規模RPA活用のプロセス

複数部門や全社的なRPAの活用を検討している多くの企業は、ロボットの開発や管理、拡張性などの課題に直面しています。

たとえば、対応するアプリケーションやシステムが少なく、適用業務が限定されるケースや、複雑なロボットの開発面で問題を抱えるケースも散見されます。さらには、管理者不在の“野良ロボット”の増加や、全社展開への障壁も看過できない問題です。

本資料では、他部門への横展開や全社規模への拡張など、将来を見据えたエンタープライズRPAの導入に向け、検討すべき4つの要件をわかりやすく解説しています。


Go Be Great.

オートメーション・エニウェアは、人がアイデア、思考、フォーカスを用いて企業を強化できるように支援します。私たちは、世界で最も洗練されたデジタルワークフォース プラットフォームを提供し、ビジネスプロセスを自動化し、人を定型的な業務から解放することでよりよい仕事環境の実現を支援します。

製品

弊社のプラットフォームは複雑な作業の自動化を可能にすると同時に、チーム内の誰にでも使えるシンプルさを備えています。

詳細はこちら

サービス

Automation Anywhereサービスチームは、あらゆる規模の企業に対してビジネスプロセスの自動化、新しい自動化のアイデアの発見、ROIの最大化をご支援します。

詳細はこちら

© 2019 Automation Anywhere, Inc. | プライバシー | 商標 | 製品 | お客様 | キャリア